2015年3月


難波に人気のお店はたくさんあるけれど整骨院はどこ

難波に人気のお店はたくさんあるけれど整骨院はどこ

(公開: 2015年3月 5日 (木))

難波の駅に某カジュアル洋服店が出来ましたね。地元にもあるような店が、どうして改札近くに出来たのか謎です。百貨店には入れてもらえなかったのでしょうか。それとも、これから家に帰る人がそういえば足りない物があったと思い出して立ち寄る用でしょうか。難波に買い物に行くと出かけた人が、その店の商品だけ買って帰ったら何しに行ったのと聞く自信があります。

 

難波 整骨院

 

ここにしかない、という限定の商品や店に人は弱いですよね。並んででも手に入れたいと思ってしまいます。並んだことがちょっとした話のネタにもなりますよね。美容院もカリスマ美容師が居たり雑誌に取り上げられていると行きたくなります。これが整骨院だと雑誌に取り上げることはまあないですし、腕次第ということになりますかね。


小顔でも何でも、その人の特徴が一番印象に残る

小顔でも何でも、その人の特徴が一番印象に残る

(公開: 2015年3月 5日 (木))

チワワといえば、こぼれ落ちそうな大きな瞳ですよね。見つめられるとたまりません。体も小さいですが顔も小さくて目だけ大きいイメージがあります。そしてゴールデンリトリバーのような大型犬は体が大きいですが目は大きいイメージはありませんよね。どちらかというと毛並みに目がいきます。

 

小顔も特徴の1つです

 

人間もそうですよね。小顔で目が大きい人は目が印象に残りますし、背が高い人はその背の高さや足の長さに目を奪われます。だから一概に小顔がいいとは言えないかもしれません。その人の特徴が一番、他人の印象に残るのかなと思います。背が高くて小顔の人は、実際に会ってみないと分かりませんが、やっぱり背の高さの方が印象に残る気がします。座っているとまた違いますけどね。


実はアスタリフトはホワイトニング部門もあるのです

実はアスタリフトはホワイトニング部門もあるのです

(公開: 2015年3月 5日 (木))

化粧品って、どうしてあんなにたくさん種類があるのでしょう。一つのメーカーからでも20代向け30代向け等、年齢に応じたラインナップがありますよね。同じ物でもしっとり用さっぱり用等、肌へのつけ心地で選べたりもします。また困ったことに(有り難いことに)ニキビ対策だとかホワイトニング対策だとか、用途別の物もあったりするんですよね。例えば、20代向けの物を使ってけど30代になったから移ろうというのは分かりやすくていいんですよ。

 

アスタリフトでホワイトニングしよう

 

でも普通用からホワイトニング用に移るタイミングや、どのメーカーを選ぶのかというのが難しいですよね。アスタリフトを現在使っている人はアスタリフトのホワイトニング化粧品へ移るとか、そういう風にすれば簡単かもしれませんけどね。


看護師は就職も転職するのもすんなり苦労要らずか

看護師は就職も転職するのもすんなり苦労要らずか

(公開: 2015年3月 5日 (木))

大学に行った友達と看護学校に行った友達では、学生時代は大学に行った友達の方が遊んでいて楽しそうで、看護学校に行った友達は実習やらなんやらで大変そうでした。でも就職活動の時期になると、看護師になった友達はすんなり決まったのに対し、普通の大学生だった友達は苦戦していましたね。苦労した分、報われるんだなと人生って上手くできているんだなと感じました。

 

看護師は就職も転職も楽なの?

 

転職するのも看護師の友達はすんなりいきましたが、苦労して社会人になった友達のほうは転職したくても見つからないのが怖くて出来ずにいます。個人的にはもう十分頑張ってきたのだから、そろそろ報われてもいい頃じゃないかと思うので転職が上手くいくことを願っています。みんな頑張れ。


中学受験における作文対策

中学受験における作文対策

(公開: 2015年3月 5日 (木))

中学受験において、志望校によっては、国語の大問として作文が課されることがあります。
時間がかかる分、配点も高く、決してないがしろにできない問題です。
中学受験の作文は、基本的に、減点方式です。
即ち、素晴らしい表現よりも、いかに、日本語として正しくない表現を避けられているかを見られます。
よって、正しくない表現をせず、テーマに沿っており、字数制限を満たしていれば、理論上、満点を取ることができます。
具体的に、正しくない表現を避ける手段として有効なことは、一文を短くすることです。一文を長くしてしまうと、主語と述語の関係が崩れやすくなってしまいます。
一文を短くし、接続語で文を繋ぎ、字数を稼ぐことが定石です。
また、段落構成は序論、本論、結論の三段落構成にすべきです。
序論で自身の主張を述べ、本論で二、三、その主張の根拠を述べ、結論で、序論同様の主張を、少し、表現を変えて述べると、まとまりのある文章が出来上がります。
さらに詳しくはこちらのサイト(→http://www.nekographicsdesign.com/)にあります。